三津屋のそば

日本の伝統を伝える三津屋のそば


いつも格別のお引き立て厚く御礼申し上げます。
お店をやっていて何が一番嬉しいときかって言われれば、そりゃお客様から“このそばうまいヨ”と言われた時ですね。創業九十年うまいそばづくりにその間いろいろ研究を重ねてまいりました。
今でも暇をみつけて深大寺そば、出雲そば、信州そば、戸隠そば……と日本中そばの名所を食べ歩くんです。いい勉強になりますネ。
日本の心、日本の風味がかよう三津屋のそば、きっとお気に召していただけると存じます。
今後共よろしくお願い致します。


三津屋の歴史1

三津屋の歴史は 、実は大正十年頃から始まっているそば・うどんの製造卸業である。その後昭和三年にうち立てのそば・うどんを味わってもらうため、卸業の支店として「三津屋」は開店した。この当時はそばは黒くて太い「田舎そば」だった。

三津屋の歴史2

しかし、二代目の寺崎 力は「全国に通用するそば」を考え、昭和四十二年頃から全国のそばの名所を食べ歩きそばはもとよりつゆについても研究を重ねる。
試行錯誤の末に現在の「三津屋のそば」にたどりついたのは昭和四十八年頃である。
「そば」単体のおいしさだけではなく「つゆ」との相性も大切であり、 この2つのバランスも「三津屋のそば」の魅力となっている。

三津屋の歴史3

そして、三代目の寺崎 利彦は二代目の作り上げた「三津屋のそば」をすべて継承している。歴史の味を守り続ける一方で現代人向けにアレンジしたメニューを作り上げている。
21世紀に残す大切なものを十分理解し、誕生1世紀に向かっていく「三津屋」は時代に合わせたものを生みながら歩み続ける。


沿革

大正10年(1921年) そば、うどん製造卸業開始
昭和3年(1928年) 三津屋開店
昭和39年(1964年) 二代目社長に寺崎 力 就任
昭和48年(1973年) 本店改築開店
平成10年(1998年) 駅前大通り出羽路庵オープン
平成15年(2003年) 三代目社長に寺崎 利彦 就任
平成22年(2010年) エスパル山形店オープン
平成28年(2016年) セルバテラス仙台店オープン